アルファード シートアレンジの裏ワザ!!

簡単改造

皆さん、アルファード・ヴェルファイアのシートを、普段、どのようにセットしていますか?

私のアルファードは、普段は下の写真のようになっています。

我が家の定番シートアレンジです。

2列目シートを3列目シートに当たる程度までさげて、足元を広くしています。
子供が乗ると、リクライニングもさせていて、本当に快適そうで羨ましいです。
その快適さ、私が味わいたい・・・(涙)

アルファードやヴェルファイアの魅力の一つに、2列目シートの快適さが挙げられると思います。
ロングスライドをさせると、オットマンを出してしっかり足を延ばしても、まだ足元に余裕ができます。

でも、オーナーの皆さん、少しだけシートアレンジに不満がありませんか?
僕は、アルファードに買い替える前のヴェルファイアに乗っているときからの不満がありました。

それは・・

3列目シートを跳ね上げると、リクライニング出来ないし、ロングスライド出来ない!!

ということでした。

元々これは、10年前のヴェルファイアでの不満でしたので、現行アルファードでは改良されているかも??と淡い期待を抱いていたのですが、結果、全く変わっていませんでした。

小物収納ボックスも置いているので、やや狭く感じます。

3列目を跳ね上げた状態で、2列目シートを目いっぱい下げた状態だとリクライニングしません。また、足元は十分広くて快適なはずなのですが、ロングスライドを経験してしまうと、どうしても狭く感じてしまいます。

一方で、3列目を跳ね上げ無ければ、2列目シートはかなり下げられますし、リクライニングしますが、どうしても荷物を乗せたい場合に、やはり不便です。

3列目シートを取り外すことも、ヴェルファイアに乗っていたときに考えて、ネットで調べて、必要とされるボルトも調達したのですが、結局、3列目シートを使いたい時に戻すのが面倒、外したシートを置いておく場所が無い、といった理由から断念していました。

今回、特段の改良は無かったわけですが、なんとかならないものかと考えてみました。

着眼点としては、
跳ね上げたシートを後ろに動かすことができないか?
という点でした。

アルファードの3列目シートは、跳ね上げる位置が決まっています。
そこで跳ね上げるとシートはロックされて、前後に動きません。なので、その位置でストラップを使ってシートを跳ね上げた状態で固定することになります。

跳ね上げた状態の3列目シート。なんとか動かしたいです。

しかし、跳ね上げた状態で掛かるロックを外すことが出来れば、シートは跳ね上がった状態で前後にスライドさせることは出来るはずです。

何か良い方法はないものかと、シートを跳ね上げて、いろいろ触っていたら、下の写真の部分に力を掛けたら、シートがグラっと動きました!

ちなみに、下の写真は右側シートの壁面シートレールに近い部分です。

見るからに、怪しげな部品(笑)
グイッと押し下げます。

これはいけそう!!
どうやら、こちらの部品は、ロックを外すレバーになっているようです。

こうなったら、あとはやってみるだけです。

まずは、シートが元に戻らなくなるといけないので、跳ね上げた定位置にちゃんともどせるように、ビニールテープで印を付けました。黒のビニールテープなら、目立たなくて良いと思います。

ビニールテープで目印をします。こちらは左側シート。

その後、3列目シートを固定しているストラップを外し、レバーグイッと押し下げ、シートを後ろに下げてみると・・・

できました!!

シートが後ろに下がり、ストラップで固定することが出来ました!

下げられた長さを計ってみると、約15.5cm。

この状態でセカンドシートを動かしてみると、こんな感じになります。
比較のため、動かしたのは写真手前のシートだけです。

手前のシートが3列目シートを動かしたもの。

比べてみると、かなり違いますね!!

3列目シートを跳ね上げないでのロングスライドやリクライニングといった状態には程遠いですが、かなりの違いを体感できると思います。

ネットで調べても、この情報は見当たらなかったので、これは裏ワザの類だと思いますが、裏ワザにしておくのが勿体ない!

これ、メーカーもちゃんと告知した方が良いレベルだと思います。

皆さんも、是非、やってみてください。

って、裏ワザとか言っていますが、オーナーさんの常識だったらゴメンナサイ。
私の勉強不足です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました